化粧品の豆知識


化粧する理由を考察する

化粧をすることで女性が得られるメリットとは何でしょうか。美しい容姿を手に入れたり自分のコンプレックスを隠すためであったり、化粧をする理由は人それぞれです。自分のために化粧をしている人もTPOを考えて化粧をしている人も、せっかくなら自分を素敵にみせる化粧品を選んでみてはいかがでしょうか。

化粧品のメリット

百貨店やドラッグストアはもちろん、コンビニでも手軽に化粧品を購入することが可能です。多くの女性は、お出かけや出勤の際に化粧をする習慣があります。そもそも女性はなぜ化粧をするのか疑問に思う人も少なくありません。化粧をすることで自分に自信を持てる人もいれば、職業柄最低限のメイクが必要な人もいます。化粧をすることで肌を守ることができますが、しっかりとメイクオフをしなければ負担になってしまうこともあるため注意しましょう。

完成度の高いメイク術

化粧品を選ぶ際には、自分の肌に合っているかどうかや成分に注目して選ぶことが大切です。普通肌の人もいれば、乾燥肌や敏感肌で悩みを抱えている人も少なくありません。それぞれに合った化粧品を選ぶことで、より美しく仕上げ肌を健やかに保つことができます。紫外線対策にも効果的な日焼け止め成分が配合されているものを選ぶことで、忙しい時間のメイクもスピーディーに完成させることができるためおすすめです。

スキンケアを楽しむ

化粧のノリを良くし美しく仕上げるためには、普段から洗顔やスキンケアを丁寧に正しい方法で行うように心がけましょう。メイクを落とさずに眠ってしまうと、肌ストレスが高まって化粧ノリも悪くなってしまいます。肌に優しい成分が配合されている洗顔石鹸なら、皮膚のターンオーバーを促し健康的な肌をキープすることが可能です。合成界面活性剤などの添加物を含まない石鹸なら、敏感肌の人でも安心して使うことができます。また、リラックスできる香りや泡立ちの良さなど使い心地にもこだわった商品を選ぶことで、スキンケアの時間を楽しむことができるのです。通販でも化粧品をお得に購入することができるため、自分の肌質に合ったスキンケア商品を見つけてみましょう。



肌質にあわせるクレンジング

メイクを落とすときに、クレンジングオイルやジェル、クリームなどを使用する人は多いですよね。何気なく使っているクレンジングですが、なぜ必要なのか知っていますか。詳しい理由は知らない、という人もいるのではないでしょうか。クレンジングがなぜ必要なのか、その効果や機能について説明します。

クレンジングとは

メイクを落とすときに使用するクレンジングですが、なぜ使うのか知っていますか。クレンジングはメイク落としのほかに、毛穴に詰まったメイクや皮脂などの汚れを浮かせて取り除くために使用します。水だけだったり、石鹼のみでの洗顔だと、メイクや皮脂は油性のものなので、水と反発してきれいに洗浄できません。しかし、クレンジングを使えば、汚れを浮かし、乳化させることで水となじみやすくすることができるので、肌や毛穴の汚れをきれいに洗い流すことができるのです。

クレンジングの種類

一口にクレンジングと言っても、ホットクレンジング、オイルクレンジング、クレンジングジェル、クレンジングクリームなどがあります。何が違うのか知らずに、なんとなくでクレンジングを選んでいませんか。例えばオイルは洗浄力に優れているというメリットがありますが、他と比べると肌への負担が大きいクレンジングです。ジェルやクリームはクレンジング時に肌への摩擦が少なめなので、他と比べると肌に優しいクレンジングと言えます。自分に合ったものを選んで使ってくださいね。

ホットクレンジングジェルとは

クレンジングの中でもホットクレンジングという商品があります。使用すると温かさを感じ、その温かさで肌を柔らかくし、汚れを浮かせて洗浄することができるものです。通常のクレンジングと違い、肌を温めることで毛穴を開かせる効果があるので、クレンジング力により優れているのが特徴です。しかも、ジェルタイプになるので、オイルと違い肌負担が少ないというメリットもあります。皮脂が重層化して、肌にごわつきを感じている人には、ホットクレンジングのほうがよりディープクレンジングができるので特におすすめです

クレンジングにはこのようにいろいろなタイプの商品があるので、肌の状態、メイクの濃さなどをふまえて、自分に合ったものを選んで使ってくださいね。



正しい洗顔とは?

毎日の習慣にしている洗顔、その洗顔方法がひょっとしたらお肌に負担をかけている可能性があるかもしれません。綺麗になりたくて洗顔しているのに、洗顔方法が間違っているとしたら、お肌に負担をかけているとしたら、それほどもったいないことはありません。正しい洗顔、スキンケアについてご紹介致します。

洗顔について

スキンケアの基本は洗顔です。皮脂を落とすことを目的に朝、もしくは夜にする洗顔。この皮脂を落とすというのはただ落とせば良いというものではありません。皮脂が過剰になったり減少したりといった状態がお肌のトラブルを引き起こす原因になっているのです。過剰になると脂性肌やニキビの原因となり、不足すると乾燥肌といった悩みがでてきます。自身の肌の美しさは皮脂のコントロールをうまくできるかどうかが鍵なのです。

洗顔回数について

皮脂が過剰な状態ではついつい一日に何度も洗顔してしまいがちですが、お肌を保護する役割も持っている皮脂を洗い落としすぎると、あなたの体は「皮脂が足らない!」とさらに皮脂を分泌してしまっている可能性もあるのです。皮脂を完全な悪者とは考えずに、コントロールする意識を持つだけで毎日の洗顔方法も変わってくるのではないでしょうか。

正しい洗顔とは

洗顔の時には多くの方が洗顔料を用いて洗顔するでしょうが、注意しなければならないのは「こすり過ぎないこと」です。特にスクラブ洗顔のように洗浄力の強い洗顔料を用いる場合には注意が必要です。そうでなくても、泡立ちネットを使って濃密な泡を作れば十分な洗浄力があるので、濃密な泡をパックのように顔に塗って、こすることなく、泡が自身の重みで肌をつたって落ちていく、その動きだけで洗顔は十分だったりするのです。食事で食べ過ぎないことが健康的なのと同じように、お肌も「し過ぎない」をこころがけましょう。

また最近では気づかないところで自分がアレルギーを持っているなんてこともあります。無添加の洗顔料も多く世には出ていますし、洗顔方法だけでなく、洗顔料自体にも目を向けてみるのも大切なことかもしれません。



正しい美白とは?

様々な化粧品ブランドがこぞって美白化粧品を開発しています。色黒ブームも時折あるものの、美白大国とも言える日本では、昔から「色白は七難隠す」と言われてきました。色白の女性に惹かれる男性も少なくなく、「色白=美肌」という定義が出来ている感もあります。今回は、正しい美白について考えていきましょう。

美白の王道とは

定番の美白成分の一つがビタミンC誘導体です。美容皮膚科などで処方する化粧水にはこれを5%配合したものが使われていることから効果的であることが分かります。メラニンの生成防止だけでなく、できたメラニンを無色に還元する効果を持つとされています。

それから、別名「肌の漂白剤」のハイドロキノンも皮膚科などで処方される化粧品です。

しかしハイドロキノンは刺激が強く、どちらも肌を乾燥させてしまうため保湿を心がけたいところです。

シミを予防する成分

メラニンの生成を抑える作用を持つ成分には、アルブチンやエラグ酸、コウジ酸、プラセンタエキスなどがあります。

例えばアルブチンはハイドロキノンに植物成分などを結合させて、刺激を弱めた成分です。αとβがありますが、αアルブチンの方がアンチエイジング効果に優れているとされ、多くの化粧品に配合されています。また、エラグ酸は抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富なため同様にアンチエイジング効果が期待できます。

正しい美白化粧品

女性にとってはメラニンが作られる働きを阻害することやシミを消すことが最重要課題のように思えるかもしれません。

しかし、乾燥や炎症が起きている肌では紫外線の刺激を余計に受けてしまいます。ということは、最重要課題は保湿と言えるのではないでしょうか。肌が潤っていることでターンオーバーが正常に機能し、生成されたメラニンも排出してくれます。また、角質層に水分がたっぷりと含まれている肌は透明感が感じられます。

でも保湿成分がたっぷり配合されていても肌の奥に届かなくては意味がないため、できればナノ化成分配合の化粧品を選びたいところです。

また、近年注目されている化粧品の一つに発酵というプロセスがあります。発酵食品以上の効果が期待できるため、発酵化粧品にも注目してみてはいかがでしょうか。



シミ対策とスキンケア

春は紫外線が急に増え、日焼けが気になり出す季節です。紫外線は5月から9月ぐらいまでにピークを迎え、日焼けをそのままにしておくとシミの原因にもなりかねません。シミをつくらない紫外線対策とスキンケアについてご紹介します。

シミの原因とは

肌に紫外線を浴びると、紫外線が体内に侵入するのを防御するためにメラニン色素が発生します。通常、メラニン色素は肌細胞を防御するために一時的に発生し、新陳代謝で角質となり排出されるものですが、多くの紫外線を浴びると色素細胞に異常をきたして大量に発生してしまいます。その場合、新陳代謝で排出できずにい、これ肌内に残ってしまがシミの原因となります。シミ対策には日頃からの紫外線予防とスキンケアが大切です。

ポイントは紫外線対策

シミの原因となる紫外線対策には、日傘を使ったりUVカットの服を着るなどがありますが、効果が高いのは日焼け止めです。シミ対策にはしっかり2、3時間おきに塗り直すのが良いでしょう。メイクをしている場合には、UVカットのフェイスパウダーやファンデーションで適度にメイク直しをすると効果的です。また、角膜が日焼けしてしまうと脳がメラニン色素を発生するように指令を出してしまうので、外出するときはサングラスの着用をおすすめします。

シミを作らないスキンケア

シミをつくらないシミ対策には紫外線を浴びないことが一番効果的ですが、日々の生活で外出する以上はある程度の日焼けは仕方がありません。シミができる時期は個人差もありますが、肌が受けたダメージの度合いや肌の質によって変わり、数ヶ月であったり場合によっては数十年後とも言われています。必ずしもシミができるとは限らず、それゆえに日焼け後のスキンケアはとても重要です。日焼けの直後は肌を冷やすのと保湿を優先して、その後に美白の化粧品を使うと効果的です。新たに日焼けしないことも大切です。また、外側からのスキンケアと合わせて内側からのスキンケアも考えると良いでしょう。紫外線ダメージに効き、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など美容に欠かせない成分を含んだサプリメントはより効果的です。



小じわの原因と改善法

女性は誰でもいくつになっても美しくいたいという思いをもっているでしょう。肌の悩みの中でも多くの方が抱えているのは、小じわです。実は年齢と共に気になり始める小じわは、毎日のスキンケアと大きく関わってくるのです。今回はその小じわにつて詳しくご紹介します。

小じわの原因

小じわは特に目元に出来やすく、主な原因は乾燥と言われています。また他の身体よりも顔の皮膚の方が薄く、また顔の中でも目の周りが最も薄くなっているのです。そのため乾燥に弱く、摩擦が生じる事でシワが出来やすくなります。これらの事からしっかりとスキンケアを行い、特に目の周りには保湿を十分にしておく必要があるが分かります。

生活習慣で出来てしまう

目の周りに出来てしまう小じわの原因は、毎日の生活習慣でも出来やすくなります。例えば花粉症などのアレルギー体質の方は、その時期になると目がかゆくなる方が多く、目をこする回数も増えます。この行為はとても肌にとってダメージを与える事になります。目がかゆい時には冷やすなどをして、小じわ対策をとっておきましょう。他にも仕事上パソコンをよく使用する方など目がとても疲れやすくなっていて、それが小じわを作っている可能性もあります。目が疲れると目の周りの血流が悪くなり、目の周りの肌にとても大きなダメージが加わる事になりますので、注意が必要です。

小じわ対策

小じわが気になり始めたら、まずは目の周りの肌への負担を減らす事が重要になってきます。肌に負担を与えやすいのが洗顔時です。洗顔をする際には、こすらないようにして泡で優しく汚れを落とすようにしましょう。洗顔時にメイク落としを利用する方もいらっしゃいますが、実は洗浄力が強く肌に刺激を与えてしまう傾向にあります。そのためアイメイクを落とす際には、専用のリムーバーを使用するなど工夫をするのがベストです。目の周りの小じわを改善するためには、スキンケア時に皮脂が少ない目の周りにしっかりと水分を補給して、その後クリームで蓋をして保湿する事がとても大切です。クリームを塗る際にも、肌へ負担を与えないように優しく肌に触れるようにしましょう。



ニキビをすぐに治す方法

ニキビの治療方法と聞くと、つぶして膿を出すということや、毛穴が汚れを徹底的に取り除くなど、さまざまな情報が飛び交っており、いったい何が正解なのか疑問に思うことはありませんか。そこで、今回は効果的なニキビの治療方法について紹介します。

ニキビはつぶしてはいけない

ニキビはつぶしたら治るのが早くなるといいますが、間違いです。

ニキビをつぶすと指についているバイ菌たちがつぶしたニキビの内部に進入してしまい、炎症を起こす危険があります。バイ菌はニキビだけでなく、その周辺までも炎症させることにより、ニキビを中心にクレーターのような跡が残ってしまう恐れもあるのです。

ニキビができたら、潰さないように注意してください。

毛穴に詰まった汚れを取る

ニキビの始まりは、皮脂や汚れの塊である角栓によって毛穴が詰まることから始まります。栓が詰まると毛穴に皮脂がたまり、皮脂を餌にしているアクネ菌が活性化することによって皮膚が炎症してニキビになるのです。

毎日しっかりと肌をキレイにすれば、角栓によって毛穴が詰まることがなくなり、ニキビの発生を防ぐことができます。

また、肌が乾燥すると角質層の細胞が剥がれ角栓となる場合があるので気をつけてください。

皮膚の角質層を元気にする

ニキビを治すことにおいて、最も重要なことは皮膚の角質層を元気にすることです。

角質層は保水機能に優れているセラミドや天然保湿因子を持っているNMFなど、様々な成分を何層にも重ねることによって外的から肌を守るバリアを展開しているのです。

ところが、乾燥肌などによって異常がおこると、このバリア機能が低下してしまい、ニキビをはじめとする様々な肌のトラブルが起こりやすくなります。乾燥肌を治すためには、肌の保水機能を取り戻すことと乾燥によって固くなった肌を柔らかくすることが必要です。そのためには、肌を柔らかくしたり、状態を整えてくれる機能を持ったクリームやジェルでしっかりとケアをすることが望ましいといえます。



デリケートゾーンのケア方法

デリケートゾーンは、洗顔と同じように正しい方法でマメにケアすることが大切です。誤った洗い方やケアをしていると、臭いの原因になったりかゆみを引き起こす場合もあります。デリケートゾーンのかゆみや臭いに悩んでいる人はもちろん、ケアを意識していなかった人も参考にしてみてはいかがでしょうか。

自浄作用は膣内部だけのもの!

女性器には自浄作用があることは、多くの女性が知っています。しかし、それは膣内部の自浄作用であって会陰部分やその周辺は正しいケアが必要です。デリケートゾーンの中でも特に恥垢が溜まりやすい部分は、マメにケアをするように心がけましょう。粘膜や皮膚が薄い部分であるため、傷つけてしまわないように丁寧に優しく洗い流すことがポイントです。

生理中のケア

生理中は肌も敏感でかゆみが起こりやすい時期です。ちょっとした刺激や汚れが原因で赤みやかゆみを招いてしまうため注意しましょう。会陰部分や陰毛に付着した血液や汚れは丁寧に洗い流し清潔に保つ必要があります。生理中の臭いが気になる人も、正しいデリケートゾーンのケアで緩和されるケースも少なくありません。赤みやかゆみがある時には、石鹸の成分を見直すなど肌に優しいものを使用してケアすることが大切です。

おすすめの石鹸

石鹸に配合されている成分が、かゆみの原因となることも考えられます。デリケートゾーンのケアのために作られた専用の石鹸なら、添加物や刺激になり得る成分が配合されていないため安心です。ボディーソープに比べて石鹸は肌に残りにくいため、肌が弱い人はしっかりと泡立てた石鹸を使うと肌への負担を軽減することができます。すすぎが不十分だと肌に残った石鹸やボディーソープの成分が刺激となってしまうため、指で優しく撫でながら洗い流すのがポイントです。かゆみや臭いが強い場合は、病院で診察してもらい症状を悪化させないように注意しましょう。デリケートゾーンを清潔にしたいあまりに膣内部も石鹸で洗う人がいますが、本来ある自浄作用を弱め膀胱炎などを招く場合もあります。正しいケア方法を知りマメに行うことが、デリケートゾーンのトラブルを防ぐために効果的です。



消臭対策と石鹸の裏ワザとは

汗をかく時期になると気になってくるのが体のにおいです。においに悩まれている方は、ケアしたつもりでも、時間が経つと効果が薄れてしまう、と感じている方も多いでしょう。今回の記事では、消臭に役立つ豆知識について紹介します。

デオドランドグッズを選ぶ

消臭グッズにもいろいろありますが、制汗剤と呼ばれるものは、汗を抑えることを目的としているのに対し、デオドランドグッズはにおいを抑えることを目的としています。そもそも汗自体は本来無臭なのですが、汗が細菌により分解されることで嫌なにおいが発生します。デオドランドグッズはこの細菌の繁殖を抑え、においも予防してくれます。ですので、においを抑えたいと思っている方は、制汗剤ではなくデオドランドグッズを選びましょう。

肌への優しさに注目

デオドランドグッズは、肌に合わないと肌トラブルを起こす原因にもなり得ます。敏感肌な方は、予めパッチテストを行うなどして、使用するデオドランドグッズが肌に合ったものなのかを確かめてから使用しましょう。成分も、無香料、無着色、無添加など、余計なものが入っていない方が、肌への負担は少ないです。肌に直接使用するものですので、高品質な日本製のものですと更に安心です。

石鹸でにおいを抑制

消臭対策には石鹸も効果的です。特に消臭、殺菌成分が配合されているものがおすすめです。中でも、ミョウバン、柿渋、銀イオン、炭などが有名です。普通の石鹸よりは、これらの成分が入った石鹸の方が効果を感じやすいですが、刺激の強い添加物を使用していることもありますので、肌の弱い方は注意しましょう。

また、洗い方も重要です。石鹸を使用する際には、そのまま使うのではなく、ネットなどを使ってきめ細かい泡を作ってから使用します。泡が細かいほうが毛穴の汚れをとりやすくなりますし、泡で優しく洗えば、肌を傷つけることもありません。そして洗う箇所もしっかりと意識することが肝心です。皮脂の分泌量の多い胸元や背中、においを放ちやすい腋やデリケートゾーン、足の裏は、特に丁寧に洗ってあげましょう。



シャンプー1つで頭皮環境を改善

普段どのようなシャンプーを利用していますか?頭皮ケアを意識したシャンプーを利用しないと、髪や頭皮を傷めてしまうかもしれません。シャンプー選びは一生モノです。今回は自分に合った効果的なシャンプーの見つけ方について説明します。

悪化原因

頭皮環境が悪化する原因はさまざまです。タバコ・食生活の乱れ・不規則な睡眠など、不健康な生活習慣を続けていると体だけではなく頭皮も傷んでしまいます。過度なパーマやカラーリングも悪化の原因です。また、髪や頭皮をケアしようと激しいシャンプーをするのも逆効果になってしまいます。頭皮を健康に保つために、まずは健康的な生活を送り適度なヘアケアを行わなければなりません。

髪や頭皮に優しいシャンプー

シャンプーは頭皮ケアにおいて重要なアイテムです。そのため、自分に合った適切な商品を選ぶ必要があります。間違った商品を選択すると頭皮環境の悪化を引き起こしてしまうかもしれません。

まず、髪や頭皮に刺激が少ないのはアミノ酸系シャンプーです。洗浄力が強すぎるシャンプーは大きな負担をかけてしまうので注意しましょう。その他にノンシリコン・天然由来成分配合などに着目すれば、頭皮に優しい商品を見つけることができます。口コミや利用者の評価などを参考にすると良いかもしれません。

傷んだ髪には水素が効果的

最近、傷んだ髪のケアとして「水素」が注目されています。髪が傷んでしまうと悪玉活性酸素という物質が増加し、ハリ・ツヤのない髪の原因となってしまいます。この物質は水素と結びつくことで水分に変化し、髪の内部から潤いを保つことができるようになります。つまり、悪影響を及ぼしていた物質が艶やかな髪の成長へ大きく貢献するということです。髪に刺激を与えることなく、ケアできる方法なので敏感肌の人でも利用できます。水分量が増えることで髪本来が持つ色合いを取り戻すこともでき、さまざまな効果が期待できるシステムです。

このような画期的なシステムを取り入れたシャンプーや頭皮に優しい商品を選ぶことで、正しいケアを行うことができます。大切な髪を美しく保つために、効果的なシャンプーを探してみてください。



習慣で差が出る!バストケア

女性にとってハリのあるバストでいることは自信へとつながります。しかし努力を怠れば、20代後半あたりからバストは確実に衰えへと進行していくものです。バストの形は、見た目年齢を大きく左右させるとも言われています。バストケアは女性の大切な身だしなみだと思って、日々ケアをしていきましょう。

生活シーンに合わせたブラ選び

バストは年齢と共に下垂していきます。残念ながら、一度衰えたバストを元に戻すことは困難です。ブラの締め付け感が苦手だという人も、ノーブラで過ごすのはとても危険。自分のバストに合うブラを選ぶ必要があるため、店でサイズを測ってもらうことも大切です。

運動時には、スポーツブラ着用で胸の揺れを防いで下さい。就寝中もノーブラはNGです。寝ている間にバストが横に流れて形が崩れる原因となります。夜は締め付け感のないナイトブラでバストケアを行いましょう。

運動と食事でハリのあるバスト

下垂を防ぐには、大胸筋を鍛える筋トレが必須です。合掌のポーズや両膝を床につけて行う腕立て伏せを行いましょう。どちらも女性が簡単にできる筋トレです。

姿勢よく胸をはり、肩甲骨を動かすように腕をふってウォーキングもして下さい。運動直後には豆乳を飲むと、良質のたんぱく質や大豆イソフラボン効果によりバストアップに期待がもてます。日頃から適度な運動、栄養バランスのとれた食事と良質な睡眠を心がけることがバストケアになるのです。

マッサージで育てるバストケア

お風呂上りのバストケアとして、クリームを使ったマッサージを取り入れましょう。力を入れすぎず、優しく行うのがポイントです。

最初に首からデコルテへとリンパを流します。次に、脇の下をグルグルと優しく刺激をして、背中からバストに向かってお肉を流して下さい。二の腕の肉もバストへと流してあげましょう。最後は左右のバストを八の字を描くようにマッサージして完了です。

クリームを塗ることで、香りに癒されてホルモンバランスが整う効果もあります。バスト専用のクリームを使うと、よりハリを実感できるかもしれません。

日々の継続により、10年後のバストに大きく違いがあらわれます。いつまでもツンと上向きの美しいバストでいるためにも、毎日のケアを怠らないようにしましょう。



肌質を知れば化粧品選びがラク

化粧品売り場には、数多くのスキンケア商品が並んでいます。どの商品が自分に合っているのかを見極めるのは簡単なことではありません。まずは自分の肌がどのようなタイプなのか、事前に知っておくことが大切です。肌トラブルを解消しつつ美しさを高めてくれる化粧品を探している人は、肌質を知ることから始めましょう。

スキンケアが自信につながる

美しく見せるために化粧品にこだわったりメイク方法を工夫したりする女性が多く見られます。しかし、せっかくの化粧もベースとなる素肌のコンディションが整っていないときれいに仕上げることは困難です。正しいスキンケアで素肌に自信を持つことができれば、化粧ノリも良くなって今よりもメイクを楽しむことができるようになります。

肌質に合った化粧品選び

肌トラブルが起こりにくい普通肌もあれば、皮膚の水分が不足しがちな乾燥肌や外部からの刺激に弱い敏感肌もあります。他にも、脂症肌やアトピー肌など人によって肌のタイプはさまざまです。当然タイプによって必要な栄養素や成分が異なるため、自分の肌質に合わせて化粧品を選ぶ必要があります。また、人気ランキングや口コミを参考にすることで使用感や効果をイメージしやすくなるため、上手に活用しましょう。

ターンオーバーを促し潤いを!

肌の状態を正常に保つためには、ホルモンバランスや皮膚のバリア機能を高めることが大切です。体調によって肌は状態が悪化しやすく、かゆみや炎症を起こすこともあります。皮膚のターンオーバーを促しホルモンバランスを整えるためには、生活習慣やスキンケア方法の見直しが欠かせません。古い角質を除去しつつ肌に必要な栄養成分をしっかりと補えるスキンケア商品を使うことで、理想の肌状態を維持することができます。コラーゲンや保湿成分であるセラミドを配合する化粧品は、潤いを与え乾燥にも負けない肌を作るためにも効果的です。自分に合う化粧品を探している人は、少量タイプのサンプルやお試しコースを利用するとお気に入りの商品を見つけやすくなります。



毛穴の汚れをごっそり綺麗に!

毎日化粧をする女性にとって毛穴の汚れというものは、非常に気になるものです。正しいクレンジングをしなければ毛穴汚れがどんどんたまり、黒ずみの目立つ毛穴になり、それを隠すために化粧が濃くなるといった悪循環になってしまいます。きれいになるには正しいクレンジング方法とケアが必要です。

毛穴汚れとクレンジング

そもそも毛穴汚れは、メイク汚れが残っていたり余分な皮脂が毛穴に詰まっていることで起こります。つまりクレンジングをしっかり行えばそれだけで毛穴汚れはある程度は解消されます。クレンジングとは、メイクを落とすことを役割としており、クレンジングはメイクをした後には欠かすことのできないお手入れでもあります。しかし自分にあっていないクレンジング剤を使うと逆に肌を痛めることにもなります。

クレンジング剤と肌力

クレンジング剤はさまざまな種類がありますが、自分に合ったクレンジング剤は、メイクの濃さと肌質によって選びます。メイクが濃い場合には、オイルやジェルタイプのものが良いですが、肌刺激は強いので敏感肌や乾燥肌の人は注意が必要です。肌に低刺激のクレンジング剤は、ミルクタイプがありますが、洗浄力は低いです。洗浄力も良く肌にもやさしいバランスの良いものはクリームタイプです。

クレンジングと毛穴のお手入れ

自分にあったクレンジング剤を選んだならば正しい方法でクレンジングをしなければなりません。クレンジングはまず、メイクが特に濃くなる目元や口元、眉から始めます。次に皮脂の多いTゾーンへと進み顔全体になじませてからぬるま湯でクレンジング剤が残らないように丁寧に洗い流していきます。この際にクレンジング剤を少なくしすぎたり力を加えてこするのはやってはいけません。また、丁寧に洗い流した後には、肌のお手入れをする必要があります。化粧水や乳液、美容液に加えて最後に収れん化粧水を使うと肌の保湿ができるうえに余分な皮脂を抑えることができて効果的な肌のお手入れとなります。近年では、これらのクレンジングから化粧水や乳液を使った肌のお手入れなどを一気に行うことができるクレンジング剤が登場しており、大いに手間が省けるものもあります。



毛穴対策にはこれを実践?

今回の記事では、毛穴レスの肌にするための、お役立ち情報をお伝えします。毛穴の黒ずみは、メイクをしてもなかなか隠すのが難しいものです。更に夕方になり化粧が崩れてくると、余計目立ってきます。しかし、きちんとケアを行えば、頑固な毛穴の黒ずみも解消することができるかもしれません。

クレンジングは正しく!

古い角質や皮脂が混ざり合い毛穴に詰まると、黒ずみになると考えられています。黒ずみを解消するには、まずはしっかりと毛穴に詰まった皮脂や古い角質を落としきることが重要です。そのためには、正しくクレンジングを行いましょう。黒ずみを落とそうとごしごしこするのは、肌に負担がかかってしまうのであまり良くありません。また、長い時間をかけてクレンジングを行っていると、肌が乾燥してしまう場合もあります。強すぎるクレンジング剤も肌への負担が大きいので、メイクの度合いに合ったクレンジングを使用し、メイクと馴染んだら1分以内に流せるよう、心がけましょう。

しっかり保湿で毛穴対策

肌は乾燥すると、皮脂の分泌を多くし、肌を守ろうとします。過剰な皮脂は古い角質と混ざり合い、毛穴の黒ずみへとつながっていきます。このため、肌の保湿はとても重要です。化粧水はシートマスクやコットン等を使い、しっかりとパッティングしましょう。肌が潤うと皮膚のキメも整い、毛穴も目立ちにくくなります。化粧水後は乳液でしっかりとふたをしましょう。

毛穴対策は普段の生活から!

しっかりとしたお手入れも重要ですが、毛穴の黒ずみには普段の生活から気をつけなくてはなりません。まずは紫外線です。紫外線のUVAはコラーゲンなどを劣化させ、お肌の弾力を奪います。これによりお肌がたるむと、毛穴が余計目立つようになってしまいます。外出の際は紫外線対策を万全に行いましょう。また、顔の表情筋が衰えると、脂肪や皮膚までをも持ち上げることができなくなり、たるみが生じます。意識的に表情筋を動かしたり、フェイスエクササイズを行ったりと、筋肉を維持するように努めましょう。

その他にも、睡眠をしっかりとることや、栄養バランスの良い食事は美肌作りに欠かせません。

普段の生活からしっかりと毛穴の黒ずみ対策を行いましょう。



毛穴の黒ずみをキレイに!!

鼻や頬に毛穴の黒いぶつぶつが出来てしまって悩んでいるという方は多いのではないでしょうか。

この毛穴の黒ずみはなかなかキレイにすることは難しいものなのですが、その毛穴の黒ずみをキレイにしてくれるのはどのようなアイテムなのでしょうか?。

黒ずみはどうして出来るの?

鼻などの毛穴の黒ずみはそもそもどうして出来るのでしょうか。

あれは毛穴に詰まった角栓で、古い角質を主成分としたタンパク質と脂質の塊です。

タンパク質がメインなので、洗顔などで通常の皮脂対策をしてなかなか改善しないのです。

また、それ以外にもメラニン毛穴といって毛穴の入り口付近にメラニンが溜まってしまうことで黒く見えてしまうものもあります。

黒ずみを改善させるには?

毛穴の黒ずみを改善させるためには、黒ずみの原因を探すことが必要です。

角栓によって黒くなっているのであれば、パックやピーリングなどで古い角質を落としてあげることが必要になるでしょう。

メラニン毛穴の場合には、シミと一緒になりますので、シミを改善させるときと同じ様に美白化粧品を使用して美白化させてあげることによって改善します。

毛穴を改善させるには?

メラニン毛穴による黒ずみの場合は美白化粧品を使用してシミを消すようにケアを行わなければなりませんが、美白化粧品は非常に数が多く迷ってしまう方も多いです。

しかし、最近では鼻の毛穴の黒ずみや頬の毛穴の黒ずみ、毛穴の開きなどを集中的にケアする専門性の高い商品も販売されているので、そういったものを使用してケアを行うということはかなり有効な方法となるでしょう。

専門性が高いので、パックやピーリングで効果を実感できなかったという人にも効果が期待できます。

こういった商品は値が張るものなので自分で出来る限りケアしたいと思っている方も多いかもしれません。

しかし、間違ったケアは余計にメラニンを大量に放出してしまうので、出来るだけ早く専門的な商品を使用してケアすることが大切です。



化粧品の豆知識①へ