化粧品の豆知識


ニキビをすぐに治す方法

ニキビの治療方法と聞くと、つぶして膿を出すということや、毛穴が汚れを徹底的に取り除くなど、さまざまな情報が飛び交っており、いったい何が正解なのか疑問に思うことはありませんか。そこで、今回は効果的なニキビの治療方法について紹介します。

ニキビはつぶしてはいけない

ニキビはつぶしたら治るのが早くなるといいますが、間違いです。

ニキビをつぶすと指についているバイ菌たちがつぶしたニキビの内部に進入してしまい、炎症を起こす危険があります。バイ菌はニキビだけでなく、その周辺までも炎症させることにより、ニキビを中心にクレーターのような跡が残ってしまう恐れもあるのです。

ニキビができたら、潰さないように注意してください。

毛穴に詰まった汚れを取る

ニキビの始まりは、皮脂や汚れの塊である角栓によって毛穴が詰まることから始まります。栓が詰まると毛穴に皮脂がたまり、皮脂を餌にしているアクネ菌が活性化することによって皮膚が炎症してニキビになるのです。

毎日しっかりと肌をキレイにすれば、角栓によって毛穴が詰まることがなくなり、ニキビの発生を防ぐことができます。

また、肌が乾燥すると角質層の細胞が剥がれ角栓となる場合があるので気をつけてください。

皮膚の角質層を元気にする

ニキビを治すことにおいて、最も重要なことは皮膚の角質層を元気にすることです。

角質層は保水機能に優れているセラミドや天然保湿因子を持っているNMFなど、様々な成分を何層にも重ねることによって外的から肌を守るバリアを展開しているのです。

ところが、乾燥肌などによって異常がおこると、このバリア機能が低下してしまい、ニキビをはじめとする様々な肌のトラブルが起こりやすくなります。乾燥肌を治すためには、肌の保水機能を取り戻すことと乾燥によって固くなった肌を柔らかくすることが必要です。そのためには、肌を柔らかくしたり、状態を整えてくれる機能を持ったクリームやジェルでしっかりとケアをすることが望ましいといえます。



化粧品の豆知識・VIO