化粧品の豆知識


シミ対策とスキンケア

春は紫外線が急に増え、日焼けが気になり出す季節です。紫外線は5月から9月ぐらいまでにピークを迎え、日焼けをそのままにしておくとシミの原因にもなりかねません。シミをつくらない紫外線対策とスキンケアについてご紹介します。

シミの原因とは

肌に紫外線を浴びると、紫外線が体内に侵入するのを防御するためにメラニン色素が発生します。通常、メラニン色素は肌細胞を防御するために一時的に発生し、新陳代謝で角質となり排出されるものですが、多くの紫外線を浴びると色素細胞に異常をきたして大量に発生してしまいます。その場合、新陳代謝で排出できずにい、これ肌内に残ってしまがシミの原因となります。シミ対策には日頃からの紫外線予防とスキンケアが大切です。

ポイントは紫外線対策

シミの原因となる紫外線対策には、日傘を使ったりUVカットの服を着るなどがありますが、効果が高いのは日焼け止めです。シミ対策にはしっかり2、3時間おきに塗り直すのが良いでしょう。メイクをしている場合には、UVカットのフェイスパウダーやファンデーションで適度にメイク直しをすると効果的です。また、角膜が日焼けしてしまうと脳がメラニン色素を発生するように指令を出してしまうので、外出するときはサングラスの着用をおすすめします。

シミを作らないスキンケア

シミをつくらないシミ対策には紫外線を浴びないことが一番効果的ですが、日々の生活で外出する以上はある程度の日焼けは仕方がありません。シミができる時期は個人差もありますが、肌が受けたダメージの度合いや肌の質によって変わり、数ヶ月であったり場合によっては数十年後とも言われています。必ずしもシミができるとは限らず、それゆえに日焼け後のスキンケアはとても重要です。日焼けの直後は肌を冷やすのと保湿を優先して、その後に美白の化粧品を使うと効果的です。新たに日焼けしないことも大切です。また、外側からのスキンケアと合わせて内側からのスキンケアも考えると良いでしょう。紫外線ダメージに効き、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など美容に欠かせない成分を含んだサプリメントはより効果的です。



化粧品豆知識・小じわ