化粧品の豆知識


習慣で差が出る!バストケア

女性にとってハリのあるバストでいることは自信へとつながります。しかし努力を怠れば、20代後半あたりからバストは確実に衰えへと進行していくものです。バストの形は、見た目年齢を大きく左右させるとも言われています。バストケアは女性の大切な身だしなみだと思って、日々ケアをしていきましょう。

生活シーンに合わせたブラ選び

バストは年齢と共に下垂していきます。残念ながら、一度衰えたバストを元に戻すことは困難です。ブラの締め付け感が苦手だという人も、ノーブラで過ごすのはとても危険。自分のバストに合うブラを選ぶ必要があるため、店でサイズを測ってもらうことも大切です。

運動時には、スポーツブラ着用で胸の揺れを防いで下さい。就寝中もノーブラはNGです。寝ている間にバストが横に流れて形が崩れる原因となります。夜は締め付け感のないナイトブラでバストケアを行いましょう。

運動と食事でハリのあるバスト

下垂を防ぐには、大胸筋を鍛える筋トレが必須です。合掌のポーズや両膝を床につけて行う腕立て伏せを行いましょう。どちらも女性が簡単にできる筋トレです。

姿勢よく胸をはり、肩甲骨を動かすように腕をふってウォーキングもして下さい。運動直後には豆乳を飲むと、良質のたんぱく質や大豆イソフラボン効果によりバストアップに期待がもてます。日頃から適度な運動、栄養バランスのとれた食事と良質な睡眠を心がけることがバストケアになるのです。

マッサージで育てるバストケア

お風呂上りのバストケアとして、クリームを使ったマッサージを取り入れましょう。力を入れすぎず、優しく行うのがポイントです。

最初に首からデコルテへとリンパを流します。次に、脇の下をグルグルと優しく刺激をして、背中からバストに向かってお肉を流して下さい。二の腕の肉もバストへと流してあげましょう。最後は左右のバストを八の字を描くようにマッサージして完了です。

クリームを塗ることで、香りに癒されてホルモンバランスが整う効果もあります。バスト専用のクリームを使うと、よりハリを実感できるかもしれません。

日々の継続により、10年後のバストに大きく違いがあらわれます。いつまでもツンと上向きの美しいバストでいるためにも、毎日のケアを怠らないようにしましょう。



化粧品の豆知識・肌質