化粧品の豆知識


正しい美白とは?

様々な化粧品ブランドがこぞって美白化粧品を開発しています。色黒ブームも時折あるものの、美白大国とも言える日本では、昔から「色白は七難隠す」と言われてきました。色白の女性に惹かれる男性も少なくなく、「色白=美肌」という定義が出来ている感もあります。今回は、正しい美白について考えていきましょう。

美白の王道とは

定番の美白成分の一つがビタミンC誘導体です。美容皮膚科などで処方する化粧水にはこれを5%配合したものが使われていることから効果的であることが分かります。メラニンの生成防止だけでなく、できたメラニンを無色に還元する効果を持つとされています。

それから、別名「肌の漂白剤」のハイドロキノンも皮膚科などで処方される化粧品です。

しかしハイドロキノンは刺激が強く、どちらも肌を乾燥させてしまうため保湿を心がけたいところです。

シミを予防する成分

メラニンの生成を抑える作用を持つ成分には、アルブチンやエラグ酸、コウジ酸、プラセンタエキスなどがあります。

例えばアルブチンはハイドロキノンに植物成分などを結合させて、刺激を弱めた成分です。αとβがありますが、αアルブチンの方がアンチエイジング効果に優れているとされ、多くの化粧品に配合されています。また、エラグ酸は抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富なため同様にアンチエイジング効果が期待できます。

正しい美白化粧品

女性にとってはメラニンが作られる働きを阻害することやシミを消すことが最重要課題のように思えるかもしれません。

しかし、乾燥や炎症が起きている肌では紫外線の刺激を余計に受けてしまいます。ということは、最重要課題は保湿と言えるのではないでしょうか。肌が潤っていることでターンオーバーが正常に機能し、生成されたメラニンも排出してくれます。また、角質層に水分がたっぷりと含まれている肌は透明感が感じられます。

でも保湿成分がたっぷり配合されていても肌の奥に届かなくては意味がないため、できればナノ化成分配合の化粧品を選びたいところです。

また、近年注目されている化粧品の一つに発酵というプロセスがあります。発酵食品以上の効果が期待できるため、発酵化粧品にも注目してみてはいかがでしょうか。



化粧品豆知識・シミ